​ハト対策

「色々な方法を試したが、全く効かない!!

​「これ以上、ムダな費用を掛けたくない!!

​「もう、業者には任せていられない!!

だったら、自分で『ハト駆除』をやってやる!!

そんな「あなた」のための特別企画です。もう、我慢しないでください!!

DIY つわもの応援企画

あなたのヤル気に寄り添います!!

このページでは、

ハト対策に有効なわな猟(箱わな)の手順を説明します。

福岡害鳥駆除センター

 所長  三浦 浩 (1961年、A型、牡牛座)

 ▶ 福農わな猟16第0366号(福岡県知事)

 ▶ 福農網猟16第0026号(福岡県知事)

『わな猟(箱わな)』で、

飛来してくるハトを一網打尽!!

最初の1羽がかかったら、エサを追加しながら、仲間がかかるのを待ちます。☝の『箱わな』は幅120㎝の大型サイズで、27羽掛かっています。

Step1.市役所(町・村役場)へ連絡する

  • あなたがお住まいの市町村役場へ連絡して下さい。

  • 電話で「有害鳥獣の捕獲担当部署をお願いします。」と言ってください。

  • 担当者へ「自宅(自社)がハト被害で困っている。」旨を伝えてください。

  • その上で、「狩猟資格は無いが、自分でハトを駆除することは可能なのか?」をお尋ねください。

  • 捕獲方法を尋ねられたら「箱わな」と答えてください。

  • 許可できない」と言われたら、残念ですが、業者に委託するか もしくは 狩猟資格を取得してください。

  • ​「申請書を提出してください」と言われたら、このまま読み進めてください。

 

Step2.有害鳥獣捕獲申請をする

  • あなたがお住まいの市町村役場の担当部署へ出向き、申請書をもらってください。

  • 記入の仕方や添付資料は担当者が教えてくれます。

  • 市町村役場への登庁がむつかしい方には、申請書類一式を無料で提供します。ただし、手数料300円送料500円をご負担ください。

  • 申請書作成が難しい場合は、私たちが代行します。作成にかかる費用は、作成料9,800円手数料300円送料500円です。

  • 申請書類に不備がない場合は、申請から7~10日で許可証が発行されます。

 

Step3.『箱わな』を作る

  • 先ずは、『箱わな』を設置する場所を決めてください。基本的にはハトがよく飛来する場所で問題ありません。

  • ホームセンターとネットショップで部材をそろえましょう。

  • 主な部材は、①枠組みとなる角材、②防鳥ネット、③ハト用トラップ、④ハトのえさ の4点です。

👈こちらが完成品です。

初めての方でも2人で作業すれば、1時間ほどで完成します。

作業は段取り八部といわれます。

キチンと部材をそろえて、平らな場所で作業してください。

​インパクトレンチがあると便利です。

​さあ、始めましょう!!

  • 枠組みとなる角材は、30mm×40mmを使用しています。

  • ネジくぎは75mmくらいが良いようです。

  • 写真の角材は2m×6本を切断加工したものです。

  • 角材に短いネジが打ち込んでいるのが分るでしょうか?

  • これは防鳥ネットを留めるためのものです。

  • ​また、入口部にはすでにハト用トラップが取付けてあります。

  • まずは、枠組みの左右から作ると簡単です。

  • 組み立てる前に、角材に10cm~12cm間隔で短いネジくぎを打っておくと後の作業が早くなります。 

  • ちなみに、今から作る『箱わな』のサイズは、幅80㎝、高さ80㎝、奥行60㎝の小型サイズです。

  • 今、作った2つの四角い枠を角材でつなげます。

  • 写真をよく見て、角材の大きい面(40mm)と小さい面30mm)の向きを確認してください。

  • ​ここは、どちらでも構わないところですが、ウチは業務なので見た目がきれいになるように揃えています。

  • 最後に、入り口部分を取り付けます。

  • ウチは入り口がセンターになるようにしていますが、少々ずれても構いません。

  • 入り口のサイズは、ハトが抵抗なく入れるよう高さ20cm、幅30cmにしています。

  • ​入り口に使用するハト用トラップは5~6本です。

  • さて、いよいよネットを張っていきます。

  • でも、その前に、縦の角材1本だけに、外側2面に短いネジくぎを打っておきます。

  • ​側面にネットを張っていくときに、重なり部分を作るためです。

  • まず、天井部から貼ります。

  • ネットを張るときには、少し引っ張り気味で張ります。

  • ​弛んでいるとネットが外れやすくなります。

  • ネットを引っかけるときは、写真のように太い糸を引っ掛けるようにしてください。

  • ​その方が、ネットが破損しにくいからです。

  • 天井部を張り終えたら、次は側面です。

  • ​一人で作業するときは、予めネットを広げて置き、その上を枠組みを転がしながら張っていくと作業が楽です。

  • ネットを張り終えたら、上部の部分を写真のように絞ります。

  • 余分なひもは切り取ってください。

  • ​ここまで来たら、あと一息です。

  • 側面の入り口部をハサミで切り取ります。

  • ​これを忘れると、いつまでたってもハトが罠にかかりません。

  • 入り口部を切り取るときには、少し余裕を持たせるようにしてください。

 

 

お疲れ様でした

​『箱わな』が完成しました!!

  • 出来上がった『箱わな』を決めておいた場所に設置します。

  • 箱わなの下に新聞紙などを敷いておくと、設置場所が汚れずに済みます。

  • 撒き餌をしてから、2週間くらいでハトが入り始めます。

  • ​それまでは、じっと我慢です。

今回の使用部材
『箱わな』1基あたり8,000円程度です
IMG_2217.JPG

ホームセンターで購入する際に、予めカットしておくと便利ですよ。

​角材 2m×6本 30㎜×40㎜

IMG_2161.JPG

あなたが作る箱わなのサイズに合わせて選んでください。色はミドリかクロがお勧めです。

防鳥ネット(2,000円前後です)

yamagenpet_hatotrap.jpg

​ネットショップで購入します

ハト用トラップ 2本足 ×6個

価格 178円 ×6

ハトのえさ.jpg

​ホームセンターで購入できます

ハトのエサ ​(1,000円くらい)

【お願い】

今回、あなたにお伝えした『箱わな』の作り方は、他業者が喉から手が出るほど欲しがっている情報です。

ですから、

「あなたのDIY」のためだけのご利用に留めてくださいね。

さぁ、Let's Try !! 始めましょう!

まずは、市町村役場へ連絡してください。

進めていくうちに、どうしても難しいようであれば、『お助けサービス』を用意しています。

安心して取り組んでくださいね。

HELP

▶ 申請書類一式・・・・・・・・・800円(税別)

 申請書類一式は無料です。

 手数料・送料のご負担をお願いします。

▶ 申請書類作成代行・・・・・・10,600円(税別)

 あなたが押印するだけで、直ぐに提出できる状態でお届けします。

 作成に当たり、詳細な被害状況を電話でお尋ねします。

▶ 箱わな制作補助・・・・・・・19,800円(税別)

​ 日程調整の上、電動工具持参で駆け付けます。

 別途、交通費のご負担をお願いします。(20円/Km)

※ 大変申し訳ございませんが、HELPは福岡県内の方に限らせていただきます​。

​   また、業者の方のご依頼はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

福岡害鳥駆除センター

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

◆​ 請負業者賠償責任保険 1億円  ◆ ​生産物賠償責任保険 1億円

〒812-0063 福岡県福岡市東区原田 4-8-38-203

TEL 092-409-2968    FAX 092-409-2969

ハト駆除に掲載しています。
footer_img_logo.png
logo.gif

Copyright(C) 2018 Fukuoka-gaichokujo center